@deezus/dac
[![CircleCI](https://circleci.com/gh/deezus-net/dac/tree/master.svg?style=svg)](https://circleci.com/gh/deezus-net/dac/tree/master) # DAC DAC(Database As Codeの略)はデータベースのテーブル構造をyamlで管理するツールです ## インストール npmで公開しています ``` npm install @deezus/dac ``` ``` yarn
Last updated 8 months ago by deezus .
MIT · Repository · Bugs · Original npm · Tarball · package.json
$ cnpm install @deezus/dac 
SYNC missed versions from official npm registry.

CircleCI

DAC

DAC(Database As Codeの略)はデータベースのテーブル構造をyamlで管理するツールです

インストール

npmで公開しています

npm install @deezus/dac
yarn add @deezus/dac

使い方

dac [コマンド] [オプション]

コマンド

コマンド 説明
extract データベースに接続しテーブルをymlとしてエクスポートします
create ymlを元にテーブルを作成します
recreate 既存テーブルをdropし、ymlを元にテーブルを再構成します
update ymlとデータベースの差分を比較し、テーブルやカラムを更新します
diff ymlとデータベースの差分を表示します

オプション

オプション 説明 例など
-f, --host <hosts> データベースへの接続情報ymlファイルパス hosts.yml
-H, --host <host> データベースホスト(-f指定時は接続先名) localhost *
-t, --type <type> データベースタイプ mysql, postgres, mssql *
-u, --user <user> データベースに接続するユーザー *
-p, --password <password> データベースに接続する際のパスワード *
-d, --database <database> データベース名 *
-i, --input <input> 入力ymlファイルパス db.yml
-o, --outDir <outDir> extract時の出力先ディレクトリ
-q, --query create, recreate, update 時にクエリを実行せずに画面に出力します

※-f未指定の場合は*のオプションが必須です

使用例

extract

引数で接続情報を指定する場合

dac extract -H localhost -t mysql -u root -p password -d dac -o .

ファイルで接続情報を設定する場合

dac extract -f hosts.yml -o .

create

引数で接続情報を指定する場合

dac create -H localhost -t mysql -u root -p password -d dac -i db.yml

ファイルで接続情報を設定する場合

dac create -f hosts.yml -i db.yml

クエリを表示する場合

dac create -f hosts.yml -i db.yml -q

recreate

引数で接続情報を指定する場合

dac recreate -H localhost -t mysql -u root -p password -d dac -i db.yml

ファイルで接続情報を設定する場合

dac recreate -f hosts.yml -i db.yml

クエリを表示する場合

dac recreate -f hosts.yml -i db.yml -q

update

引数で接続情報を指定する場合

dac update -H localhost -t mysql -u root -p password -d dac -i db.yml

ファイルで接続情報を設定する場合

dac update -f hosts.yml -i db.yml

クエリを表示する場合

dac update -f hosts.yml -i db.yml -q

diff

引数で接続情報を指定する場合

dac diff -H localhost -t mysql -u root -p password -d dac -i db.yml

ファイルで接続情報を設定する場合

dac diff -f hosts.yml -i db.yml

hostsに関して

ymlで接続情報を複数記載することができます 下記のように種類の違うデータベースを混在させることもできます -hオプションで名前を指定しない場合は全接続先に対してコマンドが実行されます

server1:
  type: mysql
  hosts: localhost
  user: db_user_1
  password: password
  database: dac
 
server2:
  type: postgres
  hosts: localhost
  user: db_user_2
  password: password
  database: dac

extractの例

全接続先に対して行う場合 server1.yml, server2.ymlと接続先ごとにファイルが作成されます

dac extract -i hosts.yml -o .

接続先名を指定する場合 server1のみをextractし、server1.ymlが作成されます

dac extract -i hosts.yml -h server1 -o .

Current Tags

  • 0.0.1                                ...           alpha (2 years ago)
  • 0.0.10                                ...           latest (8 months ago)

10 Versions

  • 0.0.10                                ...           8 months ago
  • 0.0.9                                ...           a year ago
  • 0.0.8                                ...           a year ago
  • 0.0.7                                ...           a year ago
  • 0.0.6                                ...           2 years ago
  • 0.0.5                                ...           2 years ago
  • 0.0.4                                ...           2 years ago
  • 0.0.3                                ...           2 years ago
  • 0.0.2                                ...           2 years ago
  • 0.0.1                                ...           2 years ago
Maintainers (1)
Downloads
Today 0
This Week 0
This Month 11
Last Day 0
Last Week 10
Last Month 2
Dependencies (6)
Dev Dependencies (9)
Dependents (0)
None

Copyright 2014 - 2017 © taobao.org |