@akashic-extension/ot2asa
Convert OpenToonz sprite sheet to akashic-animation files.
Last updated 3 years ago by akashic-extension .
MIT · Repository · Bugs · Original npm · Tarball · package.json
$ cnpm install @akashic-extension/ot2asa 
SYNC missed versions from official npm registry.

ot2asa

OpenToonzで作成したスプライトシートをakashic-animation形式にコンバートするコマンドラインツール。

インストール

ot2asaNode.js で動作します。以下のコマンドでインストールできます。

$ npm install -g @akashic-extension/ot2asa

使い方

OpenToonzで作成したスプライトシートの情報が書かれたテキストファイルを渡してください。

$ ot2asa info.txt

オプション

-h, --help

ヘルプを表示します。

-V, --version

バージョンを表示します。

-o, --out-dir

出力先ディレクトリを指定します。存在しない時、ディレクトリを作成します。

-p, --add-prefix

出力ファイルのファイル名に次の接頭辞を加えます。

ファイル形式 接頭辞
asapj pj_
asabn bn_
asaan an_
asask sk_

-P --set-prefix

-p オプションで出力ファイル名に加わる接頭辞を指定します。asapj,asabn,asask,asaan形式それぞれについて、この並びでカンマ区切りで指定します。デフォルトはpj_,bn_,sk_,an_です。

-i, --image-asset-name

イメージアセット名を指定します。デフォルトは入力したテキストファイル名から拡張子を除いたものとおなじになります。

-r, --root-bone-name

ルートボーン名を指定します。デフォルトは root です。

-c, --cell-base-name

セルベース名を指定します。デフォルトは cell です。セルはスプライトシートに含まれるスプライトの数だけ作成され、それぞれの名前は <セルベース名>_<連番> となります。番号は0から始まります。

-C, --cell-size

asapjファイルのユーザデータ領域にスプライトの大きさを格納します。

使用例:

const actor = new asa.Actor({ /* パラメータ省略 */ });
// asapj形式のデータをテキストアセットから取得
const project = JSON.parse((<g.TextAsset>scene.assets["pj_player_walk"]).data).contents;
// スプライトのサイズ(akashic-animationのセルサイズ)をActorの大きさに用いる
const actor.idth = project.userData.cell.width;
const actor.height = project.userData.cell.height;

-f, --fps

フレームレートを指定します。

ライセンス

本リポジトリは MIT License の元で公開されています。 詳しくは LICENSE をご覧ください。

ただし、画像ファイルおよび音声ファイルは CC BY 2.1 JP の元で公開されています。

Current Tags

  • 1.0.0                                ...           latest (3 years ago)

1 Versions

  • 1.0.0                                ...           3 years ago
Downloads
Today 0
This Week 0
This Month 3
Last Day 0
Last Week 1
Last Month 0
Dependencies (4)
Dev Dependencies (7)
Dependents (0)
None

Copyright 2014 - 2016 © taobao.org |